Top / 仮置き場 / リサイズ可能なダイアログの作成(MFC)

リサイズ可能なダイアログの作成(MFC)

手順

  1. ダイアログのプロパティの「境界線」の設定を「ダイアログ枠」→「サイズ変更枠」に変更
  2. OnGetMinMaxInfo(WM_GETMINMAXINFO) にてダイアログの最小値をデフォルトに設定
    必要に応じて X 軸、Y 軸の最大値を設定することで縦方向・横方向にしか変更できなくなるダイアログにすることが可能。
  3. ダイアログ起動時にデフォルトのダイアログの大きさを保存しておく
  4. OnSize(WM_SIZE) にて変更後の各コントロールの位置調整を行う
    サイズの増減よりコントロールも各コントロールを移動させる。この作業、案外面倒くさいので各所で公開されているマクロやサンプルコードを利用するのも手かと。
  5. リサイズアイコンの表示
    ステータスバーをつけることでリサイズアイコンを表示することが可能。無くても困らないが、リサイズ出来る事が分かってもらえない可能性大。

参考にした page


Last-modified: 2005.09.06 (火) 16:31:55 (4941d)