宙ファンド(そらふぁんど)

宙ファンドは、日興AMのコンペである「投信王」で運用するためファンド企画です。

Contents

「投信王」の主な運用ルール

  • 開始期間は08.04.01〜08.03.31までの一年間
    短期勝負。
  • 資金は10億円
    その内、3%は常に現金で持っておく必要有。
  • 銘柄は東証一部のみ
    ETFは禁止。
  • 株売買コストは0.25%
    意外と現実的。売買コストで資金を削らないよう注意する必要がある。
  • 株保有率は50%以上を常に保つ
  • 1銘柄の組入れ比率は10%以下
    保有銘柄数は最大50銘柄まで。
  • カイオンリー
    空売り禁止。
  • 信託報酬は0.8%
    あら安い。この程度の信託報酬ならアクティブ型も人気が出ると思うのだが如何だろうか>ビリー。
  • 目下の仮想敵は「キャピタルオープン」
    キャピタルオープンのファンドマネージャと戦うことになる。信託報酬0.8%もそこから来ている。

運用方針

  • 目標は TOPIX を上回る運用を目指す
    まめ株ファンドとほぼ同じ目標にします。ベンチマークを少し上回る位が実現可能目標としてはしっくり来ます。
  • フルインベストメント
    開始時点で9割を株に転換する予定。
  • 積極的な株売買は行わない
    売買コストを考慮すると回数はなるべく少なめにしておきたい。インデックスとも勝負するつもりですので、売買の上手さを競う気はありません。
  • 業種分散
    業種は一点に絞らないよう工夫します。
  • 組入れ銘柄数は主要7銘柄と補助14銘柄の計21銘柄程度
    主要7銘柄、補助グロース7銘柄、補助バリュー7銘柄の計21銘柄。
  • 外国人投資家比率は10%以上を目標
  • 海外売上比率は10〜75%以内を目標
    75%以上を海外に依存しているようだと為替で運用益が上下し安定した運用を保てない。10%以下だと海外展開が期待できない。内需はディフェンシブ銘柄中心に。

注目するテーマ

  • 環境
  • オリンピック'
  • 健康
  • 観光
  • 新興国の発展
  • 日本代表
    日本が買われる時、真っ先に買われる銘柄。

ただしテーマ性を強く持たない。ベンチマークから逸脱する運用は避ける。

  • 装置関連を控えめにする
    リセッション懸念。リセッションにならないとしても懸念がある限り、積極的に設備投資は行わないだろう。少なくとも今年は日の目を浴びそうも無いことより東京エレクトロン(8035)、アドバンテストを外した。
  • 資源系、コモディティ関連を抑えめにする
    リセッション入り口に近い状態ではいずれ資源系の価値が下がる可能性を危惧。リストから非鉄金属業(住友金属鉱山、三菱マテリアル等)、鉄鋼業(新日鉄、住金等)、ゴム業(ブリヂストン等)、製紙業を外した。
  • 金融系を控えめにする
    銀行、証券、保険業の伸びは期待できない。景気が活況するのは当分先との認識。

2008年度の景気見通し

  • 円高傾向が続く (ドル円95円〜105円)
    米ドルとの金利格差が減少している。金融が落ち着くまで仕掛け的な為替変動は減ってくるのではないかと予想。値幅の小さい範囲でのボックス相場が続くのではないか。
  • 資源高が相変わらずのテーマとして残る
    付加価値を付けれない企業は資源高と共に売り上げを伸ばすことが出来なくなる。独占力の高い企業に人気が集まる。
  • 日本企業同士のM&Aが活発に行われる
    キャッシュの潤沢な大企業が、テーマ性を持った企業を買収する機会が増えるのではないか。PBR1倍割れ企業が狙われる。買収防衛として株式交換による完全子会社化が増えるかもしれない。
  • 新興国の内需の増加
    繊維や食料からデジタル機器や高度サービスへ消費が移行していく。彼らが欲しがっているのは日本と言うブランド。ブランド力、知名力を生かせる企業が底堅い成長を見せるのではないか。

リスト

主要7銘柄 (7銘柄*7000万円)

銘柄テーマ株価コメント
トヨタ自動車日本代表(自動車)Y!株:7203日経株:7203Ullet:7203日本を代表する銘柄。選択しない理由が無い。6000円程度の水準なら文句なしに安いと思う。
信越化学工業日本代表(化学)Y!株:4063日経株:4063Ullet:4063日本を代表する化学総合メーカー。塩ビとシリコンウエハーがメイン。塩ビは米国の住宅事情の悪化より期待できないが、他の化学メーカーを先んじている。300mmシリコンウエハーの需要もまだまだ期待できるはず。
三菱地所内需(不動産)Y!株:8802日経株:8802Ullet:8802保持している場所は一等地が多い。土地を全部売り払えばお釣りが出るかもしれない資産バリュー株として注目。シクリカル株とは違った株価の動きをする代表格。TOPIXにある程度連動するためにも必要と判断。
武田薬品工業外需(医薬品)Y!株:4502日経株:4502Ullet:4502新薬不足により株価を下げつつある。ニュース待ち状態。キャッシュがあるうちに可能性の高い投資を希望。
三菱電機内需(重電)Y!株:6503日経株:6503Ullet:6503そつの無い経営で高い利益率を確保。家電より重電に期待。
東日本旅客鉄道内需(鉄道)Y!株:9020日経株:9020Ullet:9020エキナカビジネスの発展と持っている土地の活用に期待。退職者が多く出る見込みとのことですので、人件費削減にも期待できそう。
セコム内需(セキュリティ)Y!株:9735日経株:9735Ullet:9735セキュリティ関連会社として幅広く手がける。特徴的なサービスが多く今後、必要とされないことはない産業として。

補助グロース7銘柄 (7銘柄*3000万円)

銘柄テーマ株価コメント
オリンパス外需(医療機器)Y!株:7733日経株:7733Ullet:7733医療機器の内視鏡で高シェア。利益率は高い。
任天堂日本代表(ゲーム)Y!株:7974日経株:7974Ullet:7974ソニーの大コケのお陰で大躍進中。ハードウェアが売れた今、ソフトウェアで資金を回収する時期に来ている。マダマダ行けるはず。
日本ガイシ外需(環境)Y!株:5333日経株:5333Ullet:5333環境系のタマが多い。
新興プランテック内需(メンテ)Y!株:6379日経株:6379Ullet:6379プラント関連のメンテナンスを手掛けている。安定したキャッシュを期待。
オリックス内需(不動産)Y!株:8591日経株:8591Ullet:8591最近は投資会社という側面が大きいように思える。今の水準は如何にも下げすぎでしょう。
ユニ・チャーム内需(トイレタリー)Y!株:8113日経株:8113Ullet:8113ディフェンシブ銘柄として採用。新興国への進出というお楽しみ要素有。
ファナック日本代表(ロボット)Y!株:6954日経株:6954Ullet:6954先進国の労働力不足の手足として、新興国の効率化の手足として飛躍に期待。

選考落ち。

銘柄テーマ株価コメント
シャープ外需(環境)Y!株:6753日経株:6753Ullet:6753日本最大級の液晶パネルメーカーと、薄型太陽電池での飛躍に期待。
スズキ外需(自動車)Y!株:7269日経株:7269Ullet:7269新興国関連。インドでの飛躍が目覚しい。
HOYA外需(医療機器)Y!株:7741日経株:7741Ullet:7741ペンタックスの吸収合併により手にした内視鏡に期待。M&A後、株価が下落気味。狙い目と見ている。
日本電産外需(市況)Y!株:6594日経株:6594Ullet:6594シクリカル関連。いや社長が楽しいしさ。M&Aによる相乗効果を最も得ている企業じゃないかな。

補助バリュー7銘柄 (7銘柄*3000万円)

銘柄テーマ株価コメント
ミレアHD内需(保険業)Y!株:8766日経株:8766Ullet:8766PBR1倍割れを評価。保険業ではうまく立ち回れている方ではないかと。第一生命の上場がキーポイントになりそう。
野村HD内需(証券業)Y!株:8604日経株:8604Ullet:8604バリュー株として登録されていたことを評価。日本株が見直されるタイミングで株価上昇を狙う。
豊田通商外需(環境)Y!株:8015日経株:8015Ullet:8015総合商社の仲間入りが出来るかビミョーな銘柄として選択。自動車関連で儲けつつ新分野での発展が期待できる、かもしれない。トヨタ系列であることと他社よりレバレッジが低めなのも好印象。
椿本チエイン内需(自動車)Y!株:6371日経株:6371Ullet:6371何故かバリュー株。必要不可欠な部品ですので他よりも市況に影響されにくいと判断しました。
リンテック内需(素材)Y!株:7966日経株:7966Ullet:7966強みの多い素材系銘柄として。これは市況と連動しそう。大きな期待はしていないが化ける要素は多分にあると踏んでいます。
イオンクレジットサービス内需(クレジット)Y!株:8570日経株:8570Ullet:8570国内では厳しい状況が続いている。内需が活発になれば程なく見直されることを期待。アジアへの展開が評価されれば株価への影響は大きいと踏んでいます。
キッコーマン内需(食品)Y!株:2801日経株:2801Ullet:2801海外展開アリの食品業。スティールに呪われ中だが、返って正しい株価が付けられる可能性もありディフェンシブ株として採用。

Last-modified: 2008.04.13 (日) 07:03:43 (3508d)