Top / CPU / ムーアの法則

ムーアの法則 (moores low, ムーアの経験則?)

ムーアの法則は「半導体チップに集積されるトランジスタの数は約2年ごとに倍増する」という経験に基づいた予測です。

この経験則は Intel の共同設立者であるゴードン ムーア(Gordon Moore)さんが 1965 年に関連雑誌に掲載した論文で発表したものです。以後、半導体技術は目覚しい発展を遂げ、この経験則が正しいことが証明されています。

法則というよりは業界の経験則として捉えた方が良いかもしれません。

お勧め

用語

News


Last-modified: 2005.10.16 (日) 04:49:16 (4905d)