WDF (Windows Driver Foundation)

WDF は、Device Driver の開発環境です。

特徴としては以下の通り。

  • 従来の WDM からの置き換え
    WDF は、従来の WDM に対し、メンテナンス性と開発効率性を重視した Device Driver 開発環境です。開発当初は Vista のみの対応でしたが、現在の KMDF では Windows 2000/XP/2003 Server にも対応しています。UMDF は Windows XP にも対応しています。
  • KMDF と UMDF
    WDF は、KMDF と UMDF の2通りの開発環境が用意されています。
    • KMDF (Kernel-Mode Driver Framework)
      KMDF は従来の WDM からの置き換えを目指している開発環境です。WDM で出来ることは KMDF で殆ど実現可能なはずです。
      KMDF は WDK(Windows Driver Kit) に組み込まれています。WDK は従来の DDK(Device Driver Kit) の Vista 版です。
    • UMDF (User-Mode Driver Framework) UMDF は、User-Mode で Device を制御するための開発環境です。Kernel-Mode と User-Mode との架け橋となる Driver を仲介することによって実現可能となっています。Vista には標準で UMDF が動作するための環境が揃っていますが、Windows XP の場合、UMDF を動作させるための環境を別途 Install する必要があります。
      開発環境としてはかなり Kernel-Mode の部分を引きずっているようなので User-Mode だからと言う利点は少ないような。

関連情報

用語

関連書籍

Developing Drivers With the Microsoft Windows Driver Foundation

'07/04 発売予定とのこと。


Last-modified: 2007.03.24 (土) 15:53:19 (4383d)