Google の商標に関する取り組み

Google が表示しているオンライン広告に対し、商標侵害が生じているとして訴えが続いています。

Google の収入の殆どは AdWords というオンライン広告サービスによって賄われています。広告主は、AdWords サービスによって Google の検索結果に応じた広告を表示することが可能です。この検索結果というのが曲者でして、検索される単語にライバル会社の商標を織り込むことで、自社への広告としてしまうという悪質なケースが発生しているようです。

Google は商標問題は全て広告主が負うと利用規約に記載していますが、商標を侵害された側は Google の監督責任に対して裁判を起こすケースがあります。最近では Google が敗訴するケースも出ており、検索結果によるオンライン広告というサービス全般に対し暗雲が立ち込めています。

一方、広告媒体元が商標の責任の一端を担わなければならないとするならば、印刷業者や出版社まで責任を負わなければならないのか?という問題点もあるようです。

News


Last-modified: 2006.10.05 (木) 04:33:30 (4611d)