IDENTIFY DEVIVE (ECh)

IDENTIFY DEVICE コマンドは、ATA デバイスで標準装備されている詳細情報(512Byte固定)を返却する命令です。古くから ATA ディスクに搭載されている機能で、ハードディスクの性能を検出するために使用され、ATA/ATAPI 規格では必要不可欠なコマンドと定義されています。

主に以下の情報を返却します。

  • HDD の容量 (CHS/LBA/48-bit LBA)
    ハードディスク全体の容量を検出するのに使用します。当初は CHS 方式を採用していましたが、BIOS 絡みの使用制限や要求される容量の増加により LBA 方式に切り替わり、現在では 48-bit LBA 方式が採用されています。
    これらの仕様変更は時代のニーズに柔軟に対応*1してきた証で、業界標準が先に突っ走って後から仕様が付いてきた歴史でもあります。PC/AT 互換機の歴史でもあるかもしれませんね。
  • HDD の名称
    Word 27-46 がそれに当たります。BIOS 起動画面の HDD 名はこの情報を元に表示しています。
  • 拡張機能の検出
    拡張機能は、例えば S.M.A.R.T や Ultra DMA 転送のサポート等が含まれます。BIOS や OS は、これらの情報により HDD の機能を使用できるか適切に判断できます。コマンドを発行してエラーになったら使用できない、なんてバータリー的な実装をしなくても済みます*2

以下の表は、ATA8-ACS をベースに IDENTIFY DEVICE で返却される情報をまとめています。

Word必選*3SPBN*4固変*5詳細
0BxGeneral configuration bit-significant information
1---Obsolete
2BSpecific configuration
3---Obsolete
4-5---Retired
6---Obsolete
7-8NReserved for assignment by the CompactFlash Association
9---Retired
10-19Bシリアル番号 (20文字ASCII)
20-21---Retired
22---Obsolete
23-26Bファームウェア (8文字ASCII)
27-46Bモデル番号(40文字ASCII)
47----
48--Trusted Computing feature set options
49--Capabilities
50--Capabilities
51-52---Obsolete
53---
54-58---Obsolete
59---
60-61BLBA(32-bit)
63P-Multiword DMA モード
64PPIOモード
65PMinimum Multiword DMA transfer cycle time per word
66PManufacturer’s recommended Multiword DMA transfer cycle time
67PMinimum PIO transfer cycle time without flow control
68PMinimum PIO transfer cycle time with IORDY flow control
69-70--Reserved
71-74---Reserved for the IDENTIFY PACKET DEVICE command
75BQueue depth
76-79-SReserved for Serial ATA
80BATA/ATAPIメジャー番号
81BATA/ATAPIマイナー番号
82-84-Features/command sets supported
85-87-Features/command sets enabled
88P-Ultra DMA modes
89BTime required for security erase unit completion
90BTime required for Enhanced security erase completion
91BCurrent advanced power management value
92BMaster Password Revision Code
93---Hardware reset result
94B--
95BStream Minimum Request Size
96BStreaming Transfer Time - DMA
97BStreaming Access Latency - DMA and PIO
98-99BStreaming Performance Granularity
100-103B48-bit LBA
104BStreaming Transfer Time - PIO
105--Reserved
106BPhysical sector size / Logical Sector Size
107BInter-seek delay for ISO-7779 acoustic testing in microseconds
108-111BWorld wide name
112-115-Reserved for world wide name extension to 128 bits
116BReserved for INCITS TR-37-2004
117-118BWords per Logical Sector
119BSupported Settings (Continued from words 84:82)
120BCommand set/feature enabled/supported. (Continued from words 87:85)
121-126--Reserved for expanded supported and enabled settings
127BRemovable Media Status Notification feature set support
128B-Security status
129-159---ベンダー独自
160--CFA power mode 1
161-175---Reserved for assignment by the CompactFlash Association
176-205BCurrent media serial number (60文字ASCII)
206B-SCT Command Transport
207-208--Reserved for CE-ATA
209BAlignment of logical blocks within a larger physical block
210-211BWrite-Read-Verify Sector Count Mode 3 Only
212-213BVerify Sector Count Mode 2 Only
214B-NV Cache Capabilities
215-216BNV Cache Size in Logical Blocks
217BNV Cache Read Transfer Speed in MB/s
218BNV Cache Write Transfer Speed in MB/s
219B-NV Cache Options
220-221---Reserved
222-Transport Major revision number
223BTransport Minor revision number
224-233--Reserved for CE-ATA
234BMinimum number of 512 byte units per DOWNLOAD MICROCODE command mode 3
235BMaximum number of 512 byte units per DOWNLOAD MICROCODE command mode 3
236-254---Reserved
255B-Integrity word

*1 バータリー的とも言う(^^;
*2 済むはずなのですが、HDD の世代によっては意味合いの違うフラグがあったり、「必須」要項なのにサポートしていないとか返すしメーカーによってはクタクタ。旧 Quantum 社の HDD とか。
*3 必須/選択
*4 S:Serial ATA, P:Parallel ATA, B:両方, N:その他
*5 固定/変動

Last-modified: 2006.05.16 (火) 05:18:06 (4787d)