WPF*1 (開発コード:Avalon)

WPF(Windows Presentation Foundation) は、Vista に搭載予定の Graphic API (GDI base) に 3D グラフィックス等の様々なエフェクトを加えた機能です。

WPF の特徴としては以下の通り。

  • 現行 OS への実装
    当初、WPF は Windows Vista のみに組み込まれる予定でしたが、'04/09 の発表より現行 OS であるWindows XP、Windows Server 2003 にも WPF のサブセット版が組み込む予定であることが発表されました。予定になりました。
    日程、実装・配布方法については不明。
  • 描画エンジンは DirectX
    描画エンジンには DirectX が使用される予定です。今後、Vista を意識した Grahics board が出てくる可能性が高いと思われます。
  • ベースは XAML
    WPF は、XAML と呼ばれている XML フォーマットに基づいて動作します。.NET Framework 2.0 にも WPF を操作する API 群が追加されます。
  • Microsoft Silverlight
    開発コードは WPF/E。複数のプラットフォームで動作する WPF の開発を目指しているらしい。

関連情報

レビュー記事

特集記事

News

関連書籍

XAMLプログラミング

初心者向け。

Applications = Code + Markup

Petzold 本。

Programming Windows Presentation Foundation

Avalon (現 Windows Presentation Foundation) 本。WPF について全体的に満遍なく記載されています。現時点では良い資料になるはずです。XAML 辺りは流石にあまり変更してこないとは思うのだけれど、やはり出版した時期がかなり早かったこともあって、製品版として出てきた時は差異が気になるんじゃないかな。

仲間内だと再版待ちとのことだが、日本じゃ再版されないんじゃないかな、、、

仮置き場


*1 Windows Presentation Foundation

Last-modified: 2007.04.28 (土) 05:50:53 (4412d)