個別銘柄:

分析

準備

  • 対象会社の決算書(最新の期と1期前)
    • 日経株:?
  • 同業他社(2社以上)の決算書
    • 日経株:?
    • 日経株:?

利益の質を図る

  • 会計発生高 = (当期純利益+特別損失-特別利益)-営業キャッシュフロー*1
  • 総資産経常利益率(ROA) = 経常利益/総資産*2

業種分析 (p91)

  • 今後どのくらい成長するか?
  • 規制産業か?
  • 規模の経済が働くか?
  • ライバルにない強みを持っているか?
  • 強みはどのくらい参入障壁になるか?

表紙 (p118)

  • 会計処理方法の変更はないか
  • 営業キャッシュフローはコンスタントに伸びているか
  • 投資キャッシュフローは営業キャッシュフローの範囲内か
  • 営業キャッシュフローは営業利益の60〜120%に収まっているか?*3
  • ROA(総資産経常利益率)は伸びているか*4
  • 売上高、営業利益、経常利益はバランスよく伸びているか*5

経営成績および財務状態 (p136)

  • 自社にとって都合の悪いことにも言及しているか
  • 増収増益を自慢していないか
  • 新規事業を計画しているか。しているとすれば、それは既存事業のノウハウを活かせる事業か*6
  • 具体的な数字が載っているか*7

貸借対照表の「資産の部」(p147)

  • 売掛金・受取手形の額がふくらんでいないか
  • 棚卸資産の額がふくらんでいないか
  • 繰越税金資産はどのくらいあるか
  • 有形固定資産の額はいくらか、償却方法は定額法か定率法か
  • のれん代の額は大きくないか、償却期間は何年か
  • 繰越資産という項目があるか。あるとしたらどのくらいの額か

貸借対照表の「負債の部」 (p166)

  • 引当金や前受収益などが少なすぎないか
  • 社債、とくに転換社債を発行していないか

貸借対照表の「純資産の部」(p171)

  • 利益剰余金は資本金・資本余剰金とくらべて小さすぎないか
  • 純資産の部の大半を評価差額金が占めていないか
  • 新株予約権が多額に発行されていないか
  • 少数株主持分が過大でないか

損益計算書 (p177)

  • 営業利益は同業他社にくらべて図抜けて高くないか
  • 特別利益・特別損失の額と項目数は多すぎないか
  • 法人税は40%前後になっているか

キャッシュフロー計算書 (p186)

  • 営業キャッシュフローは売上高や営業利益に照らして適切か
  • 投資キャッシュフローを自社への投資に使っているか
  • 財務キャッシュフローはプラスかマイナスか

連結財務諸表作成の基本となる重要な事項 (p195)

  • 当年度に変更項目はあるか
  • 減価償却は定額法と定率法のどちらを採用しているか
  • 無形固定資産(とくに連結調整勘定やのれん代)は何年償却か

注記事項(p200)

  • 担保、偶発債務、買った会社の内容、後発事象など、気にかかる記述はないか

*1 大きいほど利益の質に問題有(p55)。
*2 継続して下がるようだと利益の質に問題有(p58)。売上げが伸びれば規模の経済性が働きROAが下がるのが一般的。
*3 「営業キャッシュフロー/営業利益」で求める。減価償却費が多い製造業は値が大きく、サービス業は値が小さくなるのが一般的。
*4 「ROA = 経常利益/総資産」で求める
*5 売上高が伸びれば、それ以上に営業利益も伸びるのが一般的(規模の経済性による)。営業利益率が減っているようだと要確認。
*6 新規事業には注意が必要
*7 あいまいな表現に注意

Last-modified: 2007.12.26 (水) 05:21:38 (4370d)