ロング・ショート運用


'10/05現在、既に更新を止めています。今となっては古い情報になっています。現在も更新を続けている他のサイトを活用することをお勧めします。 投資信託/活用リスト


ロング・ショート運用は、市場の状況に沿って資産を買い建てる運用(ロング)の他に、割高になっている資産を売り建てる運用(ショート)を組み合わせた運用方法です。

一般的な投資信託の場合、市場の上下に伴って資産の価値も上下します(ロング、フル・インベストメント運用)。よって市場が下落してる局面では、資産の価値が下がる場合が殆どです。ロング・ショート運用では、市場状況に影響されないよう一定の運用益を上げるために、ロングの他にショートを組み合わせて運用します。ショート(ショート・ポジション)は、資産の下落した場合に運用益が発生します。

ロング・ショート運用の場合、市場が上昇している局面ではロング運用と比べ運用効率は悪いとされています。これは上昇局面でもショートによる運用も平行で行うのでその分効率が悪くなります。

関連情報

投資信託リスト

投資信託運用会社信託報酬モーニングスター
ベスト・アルファ*1スパークス・アセット・マネジメント投信2.1%モーニングスター:80311023
スパークス・ロング・ショート・ストラテジー2.1%モーニングスター:80312023
スパークス・日本株・L&S2.1%モーニングスター:80311032
ソル・ジャパン・ファンド(外国籍)------
エブリィワン(外国籍)------
住信 LSオープン住信アセットマネジメント1.68%モーニングスター:6431102C

*1 スパークス・日本株・ロング・ショート・ファンド

Last-modified: 2010.05.04 (火) 23:04:49 (2694d)