Top / HDD / term / AV ストリーミングコマンドセット

ATA-7 AV ストリーミングコマンドセット

AV ストリーミングコマンドセットは、ATA-7 標準仕様に盛り込まれた家電機器用途向けのコマンドです。

従来の PC の場合、エラーチェックを頻繁に行っていることよりそのままの仕様では AV 家電機器で動画をスムーズに再生できないという問題がありました。そこでエラー処理のハンドリングを制御出来るコマンドを用意し、家電機器側でデータの整合性の必要性が低い動画情報はエラー処理を簡易化することでスムーズな再生を行うことを目的とした仕様を ATA-7 で組み込みました。これが「AV ストリーミングコマンドセット」です。

「デジタル家電はPC市場並みに成長する」:シーゲイトから160GBのデジタル家電向けHDDによると「PCはHDDでのエラーチェックの回数が多いため、家電製品にそのままPC用のHDDを利用するとビデオストリーミングがスムーズに行われない。このため、これまで各HDDメーカーは独自の方法でエラーチェックの時間を制限してきたが、これを標準化し、ATA-7ストリーミングコマンドセットという標準規格を設けた」とのこと。

News


Last-modified: 2005.07.06 (水) 23:47:09 (5067d)