Top / HDD / term / SAS

SAS (Serial Attached SCSI)

SAS は、シリアルインターフェースの次世代 SCSI です。SAS の特徴としては以下の通り。

  • SCSI の正当な後継者?
    SAS は IEEE1394? や Fibre Channel と同じく次世代 SCSI 規格として挙げられています。 過去の SCSI の互換性という面では SAS が他の規格より抜きにでているようです。
  • Serial ATA II との互換性
    SAS は、物理層に Serial ATA II を流用しており、互換性も確保しています。SAS のホストから SATA HDD を接続する事も可能だそうです。データ転送速度は 3Gbps。
  • point-to-point 接続
    SCSI とは異なる接続方式となります。point-to-point 接続の方が他からの干渉が少なく信号的に安定しているとのこと。1 つの SAS システムに対し最大 16,256 台のデバイスと接続可能。

お勧め

伊勢雅英さんの特集記事

今年夏に本格始動する次世代のSerial Attached SCSI

News


Last-modified: 2005.12.13 (火) 04:37:44 (5063d)