宣伝条項

宣伝条項は、利用条件としてプロジェクトや団体の宣伝の記載を義務づけたライセンスのことを指します。これらの条項が入ってしまうことによりソフトウェアライセンス表記が宣伝だらけになってしまい、特に大きなプロジェクトで弊害を及ぼすことが懸念されています。

派生したプログラムに対して、更に自分のプロジェクトにも宣伝条項を加えたため、宣伝条項が指数的に増えていった歴史もあります。

旧 BSD ライセンスの宣伝事項

旧 BSD ライセンスには以下の宣伝条項がライセンスに記載されています。

3. All advertising materials mentioning features or use of this software
must display the following acknowledgement:
This product includes software developed by the University of
California, Berkeley and its contributors.

現在の BSD ライセンスにはこの宣伝条項は削除されています。宣伝条項が外された BSD ライセンスのことを区別するために修正BSDライセンスと呼ばれることがあります。現状、BSD ライセンスは宣伝事項が削除されている場合が殆どですので既に歴史的意味合いしかないようですので単に BSD ライセンスと言ってしまっても問題無いでしょう。

GPL と宣伝条項

GNU GPL では、ソフトウェアの再頒布に対し新たに制限を課してはならないとする「GPLの頒布条件 (第6項)」が存在するため、宣伝条項が含まれるソフトウェアとの組み合わせは単純には出来ないとしています。

News


Last-modified: 2005.06.09 (木) 07:24:05 (5244d)