Linux と GPL

本家は Linux Kernel と GPL 関連
#個人的にはめっさ理想的。時間とやる気があればこんな形式にしたいんだけど、それもナカナカ。

News

  • Linuxのドライバソフトをめぐって論争再燃--UI強化が引き金に (CNET Japan, 06.04.19)
    3D Graphics な U/I が人気になっているが、その 3D Graphics をアクセラレートするグラフィックスドライバは、依然としてプロプライエタリであることより問題視されています。問題点を纏めると以下の通り。
    • プロプライエタリである理由
      グラフィックスドライバは、自社やサードパーティ製の知的所有権を多く含んでおり、それらのソースを公開する前提で契約を行っていない。インタビューでは「企業秘密としてのプロプライエタリな側面は、可能な限り維持していきたいと考えている」とも語っています。
    • GPL との組み合わせ
      Linux Kernel は GPLv2 で公開されています。よって Linux Kernel とその派生物は GPL に従わなければならないとしています。Linux の生みの親である Linus Torvalds さんは、動的なモジュール形式で組み込む方式については GPL に抵触しないとの見解ですが、一方、FSF の Eben Moglen さんは「GPLの純然たる適用対象ならば、動的であろうと静的であろうと、プロプライエタリなグラフィックカード用のドライバをカーネルに接続することは認められるはずがない」との見解を示しています。

Last-modified: 2006.04.21 (金) 02:55:43 (4716d)