Windows Vistaの動作状況 (VM/Guest OS)

Vista Home Basic/Home Premium の注意点

Vista Home Basic/Home Premium は、仮想環境上で使用する事がライセンス(EULA)で禁止されています。

追加のライセンス事項として以下の条文が記載されています。

4. 仮想化テクノロジの使用。お客様は、ライセンスを取得したデバイスに
インストールされた本ソフトウェアを仮想 (またはエミュレートされた) 
ハードウェア システムで使用することはできません。

ただし、MSDN や TechNet 等で開発・テスト目的のみによる使用ならば、MSDN や TechNetのライセンス事項が優先されるので、上記のライセンスは適用外になるという見方もあるようです(未確認)。

VMware Workstation 5.5.3

Vista x32 日本語版

Vista RTM x32 版は特に問題なし。

VMware 上で動作する Vista x32

  • NIC
    VMware Tools をインストールすることでネットワークドライバがインストールされました。
  • Audio
    Audio ドライバはネットワーク経由でのドライバアップデートを実行することでインストールされました。製品として Audio ドライバを組み込まなかったのは Creative Labs (Audio Driver の開発元)がサポートを止めてしまい、サポートできないという意味合いなのかもしれません。

Vista x64 日本語版

Vista RTM x64 版は特に問題なし。

DVD に焼いてインストールするとインストール中にエラー表示で継続不可。ISO イメージを CD に指定してインストールした所、特に問題無くインストール出来た。よく分からん。

後は x32 版と同じ。NIC/Audio も解決します。



添付ファイル: filevw55-vista.gif 388件 [詳細] filevw55-vista-mini.gif 321件 [詳細]

Last-modified: 2007.06.24 (日) 22:12:30 (4412d)