Google のキャッシュ機能についての問題点

Google には Google がクロールした page をキャッシュした結果を公開する機能があります。この機能により、例えば相手側のサイトが落ちていたり、データ転送が遅かったとしてもキャッシュ機能により素早く情報を引き出すことが出来ます。

現在では Google 以外にも MSN や Yahoo! 等の検索エンジンでキャッシュ機能が実装されています。

この機能は便利なのですが、それ以上に多くの問題点が指摘されています。

  • 不用意に公開してしまった情報がキャッシュ機能により閲覧出来てしまう
    大元のサイトから意図していない page を削除したとしても、キャッシュとしてしばらく(6-8週間位?)は残っています。サイトから削除しただけでは対策にならなくなっています。また、サイトから削除したとしても page によってはかなり長い期間、キャッシュが保持されることがあるようです。1年前に引越しして削除した page のキャッシュが未だに存在します。
    Google にはキャッシュを削除するための手順が公開されています。これを利用すれば若干状況が良くなるかもしれません。
  • フィルタリングした情報がキャッシュ機能により閲覧出来てしまう
    会社のネットワーク管理者や親御さんが有害なサイトとしてフィルタリングを行った page でもキャッシュ機能を利用することで閲覧できてしまうことが問題になっています。特に Google のイメージ検索では、教育的に不適切な画像も閲覧できてしまうことが問題になっています。最近ではキャッシュ機能自体を有害とし、フィルタリングすることが多くなっているようです。
    残念なことですが悪意のある情報や危険性のある情報をフィルタリングして公然と垂れ流す雑誌等を見ると今の時代、仕方の無いことかもしれませんね。
  • キャッシュ機能は著作権侵害?
    キャッシュ機能は、私的利用を超えた複製にあたり著作権を侵害している可能性があることが問題になっています。Google のイメージ検索でもサブネイル表示が問題になっています。ネットの利便性とフェアユースのバランスだと思うのですが、色々難しい問題だとは思います。
  • Google Hacking
    Google Hacking は、ネットに公開した覚えの無い情報を取得する手法のことを指します。Google のキャッシュ機能も Google Hacking には欠かせない機能となっており問題視されています。

上記の問題点の多くは、ネットに情報を公開する側の検索エンジンへの認識不足が招いた「事故」ではないでしょうか。ネットの利便性を享受しつつ上記の問題点に対応するには、情報を公開する側が問題点を正しく理解し、覚悟した上でネットに公開する必要があるのではないでしょうか。

SNS も一つの解かもしれません。この場合、他人の公開情報を自分のローカルやローカルなネット環境でのみ活用することになるので、ネットの相互作用には寄与することは出来ないかもしれません。相互作用の輪から外れることでネットがやせ細る可能性も否定できなくなる時代が来るのかもしれません。

「名無しさん」も一つの解ではあると思うのですが、「名無しさん」であることが故に、公開した情報の責任から逃れられるという認識だと、いつかその自由は奪われてしまう気がしてなりません。「自浄機能が働かないと、どんどん自由が奪われる」と言った所かな。「名無しさん」が故に著作権者が誰か判断できず、公の場で利用しにくいという別の側面も最近顕著になってきているように感じます。

話が逸れましたね。

関連情報

  • Google のインデックスからコンテンツを削除するには (Google)
    キャッシュされた page を消す方法について記載があります。また META タグに「<META NAME="GOOGLEBOT" CONTENT="NOARCHIVE">」と記載することでキャッシュ機能だけを無効にすることも可能です。
    キャッシュ機能の無効化は、サイト管理者からしてみると魅力的なのですがサイト利用者からしてみるとキャッシュ機能が利用できなくなるので不満に感じることが多いでしょうね。

News


Last-modified: 2006.11.11 (土) 00:32:33 (4695d)