USB Imaging Class

USB Imaging Class は、USB 上で静止画像を制御するための仕様です。使用している機器は主にデジタルカメラです。

USB Imaging Class の特徴としては以下の通り。

  • PIMA 15740
    静止画像の制御方法は PIMA 15740 で定義されています。
    USB の場合、PTP (Picture Transfer Protocol) が実装されています。
  • 混在する静止画像の制御方法
    USB Imaging Class の他にも USB Storage class として認識する機器や独自のプロトコルを用いて制御する機器もあって様々です。PTP をサポートすればデジカメが全て制御出来る、という訳ではないことに気をつける必要があります。
  • PictBridge
    PictBridge は、PTP を制御プロトコルとしています。
  • Windows 標準サポート
    Windows Me、Windows XP より PTP を標準サポートしています。

関連情報

  • http://www.cipa.jp/pictbridge/index_j.html
    PictBridge の本拠地。仕様書は簡単に見れそうも無い。組み込み系が中心だから一般公開された使用である必要性は薄いのかな。

用語

Linux

News


Last-modified: 2006.11.12 (日) 03:09:49 (4028d)