Top / CPU / CPUID

CPUID (CPU Identification)

CPUID は、x86 系の CPU 識別情報を返却する特殊な命令コードです。

CPUの機能として以下の機能が実装されています。

  • CPU 製造元の識別
    製造元(Intel, AMD, VIA,...)の会社を識別することができます。x86 CPU であれば CPUID 自身の意味合いはほとんど同じで差はありません。
  • 拡張された命令コードの有効/無効
    MMX/SSE 等、CPU の進歩に伴い拡張された命令コードを CPU がサポートしているかどうか確認できます。サポートしていない命令コードを実行した場合、CPU は実行不可能な命令コードとして例外処理を行います。CPUID を参照することで例外処理を行わせる前に CPU が対象の命令コードをサポートしているかどうかを判断することが可能です。
  • 拡張した機能の有無
    ACPI や温度センサーのサポート等、拡張された CPU 機能を確認することができます。
  • PSN(Processor Serial Number)
    CPU 固有に割り振られる 96bit のシリアル番号が取得できます。Pentium III base CPU の特有の機能です。MSR 命令コードより無効にすることも可能です。この機能は、Pentium III に実装された当初からプライバシー侵害の恐れがあるとして指摘され、結局 Pentium 4 base CPU では PSN を実装しませんでした。


Last-modified: 2005.09.11 (日) 20:27:46 (5204d)