Google のオンライン広告戦略

この page は、Google の行っているオンライン広告について纏めています。

Google のオンライン広告戦略の特徴は以下の通り。

  • Google AdWords (テキストによるオンライン広告)
    Google AdWords は、表示した広告のクリック数に応じて料金を支払うオンライン広告サービスです。このサービスにより常に検索結果の目立つ所にテキストによる広告を表示させることが出来ます。
  • Google AdSense (web サイト運営者によるオンライン広告)
    Google AdSense は、web サイト運営者が自らの web page に Google のテキスト広告を表示させることで、広告料を稼ぐことの出来るオンライン広告サービスです。
  • Google の収益はオンライン広告のみ
    Google の収益の殆どはオンライン広告によって賄われています。現在('05/11)、Google が行っているオンライン広告サービスは「AdWords」と「AdSense」ですが、その収益の割合はほぼ五分五分のようです。
  • 商標の問題
    Google AdWords での商標の取り扱いが問題になっています。
    例えば自社の登録商標を検索した時に、ライバル会社の広告が検索結果のトップに出てきた場合、 商標侵害にあたるのではないかと訴えられたこともあります。Google はこの件に関し「Google は広告掲載の場の提供者であり、広告主様と商標の所有者様との間の商標にまつわる紛争を解決する立場にはありません」という立場のようです。

News


*1 出展:IT・ネット業界地図/東洋経済新報社, ISBN4-492-97308-7

Last-modified: 2007.05.04 (金) 10:41:52 (4338d)