トップ・ダウン・アプローチによる日本株への投資を行うアクティブ型投資信託リスト


'10/05現在、既に更新を止めています。今となっては古い情報になっています。現在も更新を続けている他のサイトを活用することをお勧めします。 投資信託/活用リスト


私が目に付いた投資信託をリストアップしています。各銘柄をお勧めしているわけではない所に注意してください。

IBJ ITM ジャパン・セレクション (興銀第一ライフ・アセットマネジメント)

トップ・ダウン・アプローチで有名な投資信託を選んでみました。意外と回転率が高いのと目立っている割には期待していたほどには運用益が出ていないように思えます。信託報酬負けしているのかも。

マネックス証券で 06.07.31 まで手数料キャッシュバックキャンペーン対象投資信託です。

投資信託IBJ ITM ジャパン・セレクション (興銀第一ライフ・アセットマネジメント)
運用トップダウン型の成長株中心のアクティブ型投資信託
ベンチマークなし
信託期間無期限
決算日3/17、9/17 (配当金有り)
手数料上限 3.15%
信託報酬1.68% (0.735/0.84/0.105)
信託財産留保額0.3%
評価モーニングスター:47311989DIR:47311989TOPIXとの比較:47311989
見所トップ・ダウン・アプローチ中心の投資信託。配当金出しすぎ。

組み込み比率 (06.06.09現在)

住友金属鉱山の比率が高めな所以外は特に気に掛かる点は少ないかも。銘柄数は「96」銘柄。売買高比率は「2.03*1」。回転率は高め。

順位銘柄業種比率
1三菱UFJフィナンシャル・グループ銀行業3.45%
2トヨタ自動車輸送用機器3.16%
3松下電器産業電気機器2.77%
4ソニー電気機器2.20%
5住友金属鉱山非鉄金属1.95%
6みずほフィナンシャルグループ銀行業1.90%
7東京製鉄鉄鋼1.84%
8シャープ電気機器1.78%
9小松製作所機械1.66%
10三井不動産不動産業1.66%

組み入れ業種比率 (06.06.09現在)

機械と電気機器、金属系に重きを置いているようです。銀行業、輸送用機器が弱めなのは意外。電気機器が景気敏感株として反応しそう。

順位業種比率
1電気機器19.57%
2銀行業10.62%
3機械8.78%
4輸送用機器7.38%
5小売業5.91%

関連情報

アクティブ・ニッポン 『愛称:武蔵』 (大和投資信託)

多くの販売会社で扱っている投資信託として目に付いたので取り上げてみました。マネックス証券で 06.07.31 まで手数料キャッシュバックキャンペーン対象投資信託です。

信託報酬・手数料の高さが気になる所。ここ2年での比較では TOPIX を常に上回っていますが 5 年で比較すると結構下回っているようです。長期運用として信託報酬の高さと回転率の高さがネックになっているのではないかと考えされられます。

投資信託アクティブ・ニッポン 『愛称:武蔵』 (大和投資信託)
運用景気の動向により組み入れ銘柄を積極的に入れ替えるトップダウン型のアクティブ型投資信託
ベンチマークなし?
信託期間無期限
決算日11/19 (配当金若干有り)
手数料上限 3.15%
信託報酬1.596% (販売会社の取り分は最大 0.859%!)
信託財産留保額なし
評価モーニングスター:0431198BDIR:0431198BTOPIXとの比較:0431198B
見所販売会社の多い投資信託。

組み込み比率 (06.05.31現在)

銘柄数は「118」銘柄。売買高比率は「1.17*2」。過去の実績を見ても積極的に銘柄を変更していることが分かります。

順位銘柄業種Y!株比率
1トヨタ自動車輸送用機器Y!株:7203.t3.54%
2三菱UFJフィナンシャルグループ銀行業Y!株:8306.t3.25%
3みずほフィナンシャルグループ銀行業Y!株:8411.t3.06%
4オリックスその他金融業Y!株:8501.t2.95%
5小松製作所機械Y!株:6301.t2.80%
6三井住友ファイナンシャルグループ銀行業Y!株:8316.t2.32%
7三菱ガス化学化学Y!株:4182.t2.13%
8住友商事卸売業Y!株:8053.t2.05%
9武田薬品医薬品Y!株:8053.t1.94%
10住友金属鉱山非鉄金属Y!株:5713.t1.94%

組み入れ業種比率 (06.05.31現在)

目論見書(06.02.15現在)によると「その他金融業」が 7.89%、「不動産業」が 5.97% と高いのが気になります。

順位業種比率
1電気機器13.01%
2銀行業10.98%
3輸送用機器9.11%
4小売業7.82%
5機械7.54%

*1 運用報告書 06.03.17より
*2 05.11.21現在、第7期 運用報告書より

Last-modified: 2010.05.04 (火) 22:14:38 (2694d)