ファミリー・ファンド方式


'10/05現在、既に更新を止めています。今となっては古い情報になっています。現在も更新を続けている他のサイトを活用することをお勧めします。 投資信託/活用リスト


ファミリー・ファンド方式は、投資家が購入する「ベビーファンド」と運用会社が運用する「マザーファンド」を組合わせて運用する方式です。

複数のファンドを組み合わせて運用する「ファンド・オブ・ファンズ」と同様の運用と思われがちですがファミリー・ファンド方式の場合、信託報酬がマザーファンドには及ばず、ベビーファンドのみ必要となる所が異なります。「ファンド・オブ・ファンズ」は信託報酬の2重取りを行っており信託報酬が割高になる場合が多いですが、ファミリー・ファンド方式の場合は信託報酬は控えめになる場合が多いです。

関連情報

用語

具体例

例1:複数のベビーファンドと一つのマザーファンドの場合

グロソブがそれに当たります。

様々な運用方法(毎月決算型や1年決算型等)を一つのマザーファンドで運用しています。グロソブの場合、毎月決算型に人気が集中していますが全てが一つのマザーファンドに集中して投資を行っていることより、他の運用方法でも安定した資産を共用することが出来ます。

グロソブのマザーファンドは以下の通り。

  • グローバル・ソブリン・オープン マザーファンド

グロソブのベビーファンドは以下の通り。

  • グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
  • グローバル・ソブリン・オープン(3ヵ月決算型)
  • グローバル・ソブリン・オープン(1年決算型)
  • グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
  • グローバル・ソブリン・オープンVA(適格機関投資家専用)
  • グローバル・ソブリン・オープンVA2(適格機関投資家専用)
  • グローバル・ソブリン・オープンVA3(適格機関投資家専用)

例2:一つのマザーファンドと一つのベビーファンドの場合

インデックス型投資信託ではこの形式が多いです。

インデックス型は、他のバランス型投資信託で運用される場合が多く、同じ運用会社の中で使いまわされていることがあります。

例3:複数のマザーファンドと複数のベビーファンドの場合

野村世界6資産分散投信がそれに当たります。

野村世界6資産分散投信のマザーファンドは以下の通り。

  • 国内債券NOMURA-BPI 総合 マザーファンド (国内債券)
  • 外国債券マザーファンド (外国債券)
  • 国内株式マザーファンド (国内株式)
  • 外国株式MSCI-KOKUSAI マザーファンド (外国株式)
  • J-REIT インデックス マザーファンド (J-REIT)
  • 海外REIT インデックス マザーファンド (REIT)

野村世界6資産分散投信のベビーファンドは以下の通り。これらはマザーファンドの配分で差が付いています。

  • 安定コース (国内債:60%、外債:10%、日本株:5%、外国株:15%、国内REIT:5%、海外REIT:5%)
  • 分配コース (国内債:20%、外債:50%、日本株:5%、外国株:15%、国内REIT:5%、海外REIT:5%)
  • 成長コース (国内債:10%、外債:10%、日本株:35%、外国株:35%、国内REIT:5%、海外REIT:5%)

Last-modified: 2010.05.04 (火) 23:03:59 (2694d)