無分配型の外国籍公社債投資信託


'10/05現在、既に更新を止めています。今となっては古い情報になっています。現在も更新を続けている他のサイトを活用することをお勧めします。 投資信託/活用リスト


無分配型の外国籍公社債投資信託は、外貨 MMF と同じく公社債投資信託に属する投資信託ですが分配金を出さない運用のため、税制面で有利と言われています。

外貨 MMF の場合、毎月分配金が配当され、その度に税金('06/08現在 20% 課税)が差し引かれます。

ボンド・セレクト・トラスト等の無分配型の外国籍公社債投資信託の場合、分配金を出さない運用*1を行うため税金を支払うタイミングが無く、外貨 MMF より有利な運用方法と言われています*2

ボンド・セレクト・トラスト (Bond Select Trust, BST)

  • ※注意
    「ほっとダイレクト」経由で BST の販売は出来なくなってしまったとのこと。詳細は窓口に問い合わせてみてください。

ボンド・セレクト・トラスト*3は、主に野村證券で扱っている無分配型の外国籍公社債投資信託です。

野村證券で扱っている BST は、外貨 MMF から直接 BST を買い付けや売り出しが出来ます。取り敢えず、外貨 MMF で買い付けておいて、その後、BST で運用するか、外債を買い付けるかを決める方法が良いかも。ちなみに野村の「ほっとダイレクト(ネット専用)」の場合、 BST 買い付けはコールセンターを通す方法以外無いようです。面倒臭いですね。'07/08 のサービス改定(改悪?)により「ほっとダイレクト」経由での BST の販売は停止するとの連絡がありました。注意した方が良いでしょう*4

更に野村證券の場合、外貨 MMF から CITIBANK への送金は無償なんだそうです(未確認)。CITIBANK を経由すると外貨の扱いが便利になりそうです。

シティバンク(CITIBANK)
↑
外貨MMF(野村)⇔ボンド・セレクト・トラスト(野村)
↓↑
外債(野村)

BST は、野村證券以外では丸八証券でも扱っているとの事。ネットでの買い付けが可能らしいのですが、外貨 MMF や外貨送金が出来ないらしいので運用面では劣りそう。確かな話ではないので気になるようでしたら各自確かめてみてください。

関連情報

販売会社

カレンシー

カレンシーは、CITIBANK が扱っている無分配型の外国籍公社債投資信託で、正式名を「レッグ・メイソン・グローバル・マネー・ファンズ・エフシーピー(愛称:カレンシー)」*5と言います。似たような名前の金融商品が多いので注意する必要があります。これもほぼ裏メニュー的*6な扱いのようで CITIBANK のネーサンにカレンシー*7について問い合わせると「当店ではお勧めできない商品で、何が起こるか分からない(?)」と話をはぐらかされ、代わりに信託報酬が 2% の海外 REIT を勧めてきました(いやん。

カレンシーの買い付けは、直接コールセンター経由でのみ受け付けるそうです。外貨普通預金から直接買い付け可能とのこと。惜しむべきは米ドル、ユーロ、ポンドしか扱っていない所か。

カレンシーは、CITIBANK 以外では今村証券でも扱っているようです(米ドルのみ)。

「カレンシー」購入記

今さっき、CITIBANK の裏メニュー、カレンシー米ドルの購入を行いました。特に意味無く寝かせておいた米ドルで、このまま継続して外貨定期預金を続けても良かったんだけど折角投資信託の窓口を開いたので利用してみることにしました。

正直、ボンド・セレクト・トラスト(BST)が利用できるならカレンシーより買いやすいので BST をお勧めしたい。

カレンシーはインターネット経由で購入できず、窓口でも時間帯によっては購入できず、窓口のネーサンは「電話購入がお勧めですよ」とかなり敬遠気味。しかも事あるごとに「当行お勧めの投資信託では無いことは理解されましたか?」という問いに対し 10 回は「はい」と答えたと思う。ああしつこい。

で、さっき電話で買い付け依頼をしてきたんだけど、プロファイルやどっかの承認待ち(買い付けには何か承認が必要なんだとか)で結局、1 時間は電話していたと思う*8。フリーダイアルじゃなきゃとっくに切れる所だ。次の買い付けは追加になるだろうからもう少し時間が短縮されることを願いたい。

電話のニーサンの言うにはこの投資信託の特徴は以下の通り。まぁ全部分かった上で電話しているんで、冗長といえば冗長。

  • 最低申し込み金額は $4,000-
    かなり高い*9。BST なら 2000 円程度なのに、、、
  • 分配金の実績は無し
    というかコレが目的でカレンシーを購入したのですがね =)。
  • 信託報酬は「0.7%」
    BST もほぼ同じ程度。
  • 信託期間は無制限
    BST の信託期間は 13.12.31 まで。唯一、BST より有利な条件。
  • 外貨から直接購入可能
    円転が強制されない所は Good。ただし CITIBANK の場合、外貨普通預金としての扱いなので為替差益については税金が掛かりそう。BST の場合、外貨MMFへの移行になるのでこの点は抜かりないはず。
  • 通貨は米ドル、ユーロ、ポンドの3種類
    豪ドルも扱ってくれると長期向けでよかったのですが。

米ドルはどうも積極的に金利を上下させることが多いようなので、BST 向けの通貨では無いかもしれませんね。高金利を持続しているポンドや同じく高金利で地政学的リスクが少ない豪ドルの方が BST 向けかも。

外貨預金で運用されているのであれば、税金面だけでも外貨MMFやBSTの方が有利ですので検討してみては如何でしょうか。

(06.08.26:記載)

マンスリーパスポート

住友信託銀行の裏メニュー、マンスリーパスポートの元本成長型が分配金を出さない公社債投資信託らしい。米ドルとユーロしか扱っておらず、信託期間が 12.06.18 までしか設定されていないのが残念な所だが、この投資信託は、オンラインから買い付けが可能で、円から直接購入する以外にも外貨普通預金からも購入可能。

為替差益に対しての課税については判断できませんでした。


*1 口数は固定で基準価額が増加するイメージ
*2 もっとも野村の窓口ネーサンの言うには「BST は MMF が開発される前の一世代前の古い運用方法で、換金性を考えたら MMF がお得よん」とかほざいていたような。なんか必死だな。
*3 電話口のネーサンは「ボンセレ」って言っていましたぜ。ボンセレ米ドルくれ、とは言えんよなあ。
*4 http://mcn.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/bst_f90a.html
*5 ちなみにレッグ・メイソンは運用会社のことね。前はCITIBANKが直接運用を行っていたのを子会社化したのよ(参考:レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社 - 野村證券)。
*6 直接問い合わせてみれば分かるけど、カレンシーを問い合わせようとするとすんごい負のオーラを放つのよ。営業担当からしてみれば儲からない金融商品だから相手をしたくないんでしょうね。なんか歩合制のエウリアンのような、、、
*7 彼氏じゃないYO!
*8 BSTならものの10分程度で終わったのに
*9 他の通貨も聞いて置けばよかったYO!

Last-modified: 2010.05.04 (火) 23:58:10 (2755d)