日本の割安株に対して投資を行うアクティブ型投資信託リスト


'10/05現在、既に更新を止めています。今となっては古い情報になっています。現在も更新を続けている他のサイトを活用することをお勧めします。 投資信託/活用リスト


私が目に付いた投資信託をリストアップしています。各銘柄をお勧めしているわけではない所に注意してください。

さわかみファンド (さわかみ投信)

カリスマファンドマネージャーである澤上さんが運用している投資信託です。

特徴としては以下の通り。

  • 長期保有を目的とした投資方針
    何らかの理由で割安になった株を保有し、価値が上がるまで保有し続ける「バイ・アンド・ホールド型」による運用を行っています。さわかみファンドでは、購入予定者に対し短期保有目的による購入を推奨していません。
  • 長期保有を前提としたコスト設定
    手数料が掛からない「ノーロード」による販売、長期運用にも耐えうる低廉な信託報酬(1.05%)で運用しています。また興味深い特徴として信託財産留保額を 1.5% と他の投資信託と比べてかなり高めに設定しています。
  • 販売会社が少ない
    '06/06 現在、さわかみ投信の直販以外はウツミ屋証券でしか購入できないようです。マネックス証券でも何度かオファーをしているようですが、澤上さんと運用方針が合わないらしく折り合いが付かないようです。少々アマチュアな意見のように見えますが、それも澤上さんの魅力なのかもしれませんね。
  • 澤上さんというカリスマ
    長期運用と言う面では結構不安。カリスマゆえに書籍も多く出版しています。彼の投資に対する姿勢については学ぶべきものは多いように感じます。ウザいけど。

検討するならまず彼のファンになる必要がありそうですね =)。

投資信託さわかみファンド (さわかみ投信)
運用割安株の「バイ・アンド・ホールド」を方針とした日本株のアクティブ型投資信託
ベンチマークなし
信託期間無期限
決算日8/23 (配当金の実績無し)
手数料なし
信託報酬1.05%
信託財産留保額1.5%(50万円以下の解約なら免除)
評価モーニングスター:71311998DIR:71311998TOPIXとの比較:71311998
見所日本人特有のアクの強さを持ったファンドマネージャが運用する投資信託。

組み込み比率 (06.05.15現在)

運用状況 (さわかみファンド)」を参考にしています。バイ・アンド・フォールドが方針なので大きく比率は変わらないでしょう。

銘柄数が「329銘柄」、売買高比率が「0.22*1」というのも流石。

順位銘柄業種Y!株比率
1住友金属工業鉄鋼Y!株:5405.t1.55%
2住友重機械工業機械Y!株:6302.t0.93%
3石川島播磨重工業機械Y!株:7013.t0.84%
4トヨタ自動車輸送用機器Y!株:7203.t0.77%
5三菱重工業機械Y!株:7011.t0.75%
6セブン&アイ・ホールディングス小売業Y!株:3382.t0.68%
7ローム電気機器Y!株:6963.t0.66%
8東芝電気機器Y!株:6502.t0.61%
9三菱レイヨン繊維製品Y!株:3404.t0.61%
10松下電器産業電気機器Y!株:6752.t0.59%
11三洋電機電気機器Y!株:6764.t0.59%
12クボタ機械Y!株:6326.t0.58%
13豊田通商卸売業Y!株:8015.t0.56%
14オリックスその他金融業Y!株:8591.t0.55%
15ヤマトホールディングス陸運業Y!株:9064.t0.52%
16三井造船輸送用機器Y!株:7003.t0.52%
17三菱ガス化学化学Y!株:4182.t0.51%
18デンソー輸送用機器Y!株:6902.t0.51%
19セコムサービス業Y!株:9735.t0.50%
20ソニー電気機器Y!株:6758.t0.49%

組み入れ業種比率 (06.05.15現在)

ここまで銀行業を避けた比率も珍しい気も。さわかみさん、嫌いなのかな>金融系。「機械」の比率も高いね。軍事産業に興味があるのかな。

長期運用なら電気・ガス系(0.32%*2 )がもう少し多くても悪くないと思うんだけど、よく分からないや。不動産業(0.00%)、石油・石炭製品(0.02%) は意見が合うね =)。

インデックスは完全に無視ですな。相当の覚悟と見た。

順位業種比率
1電気機器15.2%
2機械11.1%
3化学7.3%
4輸送用機器5.4%
5鉄鋼3.8%
6食料品3.6%
7卸売業2.5%
8繊維製品2.4%
9建設業2.3%
10非鉄金属2.1%

関連記事

  • 株式持ち合い、異論あれば売り=さわかみ投信社長 (ロイター, 06.12.14)
    何気にインタビュアーとかみ合っていないのが面白いっつーか。
    • 買収防止目的による株持合について
      勝手にしたら?各投資家が判断をすべきこと。
    • 日本の機関投資家の非合理な投資判断について
      レベル低いんじゃない?日本は間接金融が中心で直接金融は日が浅い。
      工場を建てて機械を回すだけで業績が伸びるという高度成長期は終わった。今後はそう簡単にうまく行かなくなる。
    • 今後の日本の経済や資本市場の発展について
      放っとけば?気が付いた個人投資家が当てにならない年金から投資信託による長期運用を学ぶしかない。個人が市場に関わってくるようになれば、株価構成も変わり政治も変わる。
    • 税制面での後押しについて
      必要ないんじゃない?いずれ多くの人が預貯金も年金も駄目だってことに気が付くはずさ。
  • さわかみ投信 研究
    さわかみファンドが受益者に対して送付している「運用報告書」の一部が公開されていて参考になりました。ネット証券で扱ってくれれば運用報告書目当てで購入したい所なのですが。

三菱UFJ 日本株アクティブ・ファンド 『愛称:凄腕』 (三菱UFJ投信)

モーニングスターのファンド オブ ザ イヤー 2003, 2004 に選ばれている割安株に投資する投資信託です。割安株を探してモーニングスターを頼ってみました。

マネー雑誌ではしきりに宣伝しているようだけど、購入したいかと言われるとチョット難しいかな。手数料、信託報酬が高い時点でコスト負けしている。でも傍から見ているとこの投資信託は面白い。

投資信託三菱UFJ 日本株アクティブ・ファンド 『愛称:凄腕』 (三菱UFJ投信)
運用割安株に対して投資を行う日本株のアクティブ型投資信託
ベンチマークTOPIX
信託期間無期限
決算日10/30 (配当金かなり有り)
手数料上限 3.15%
信託報酬1.6275%
信託財産留保額0.2%
評価モーニングスター:0331400ADIR:0331400ATOPIXとの比較:0331400A
見所割安株を狙っている割には短期勝負なのか売買回転率が高いのが特徴。銘柄も凄い。

組み込み比率 (06.06.02現在)

目に付くのはやはり「その他金融業」のアイフルと武富士。割安株なのは分かるけどコンプライアンス的には手を出しにくい銘柄にあえて積極的に買い増す辺り、漢を感じました。迷走していなければいいんだけど。UFJ 傘下なのに「みずほ」を買い増ししてみたりしているし、何故か東京競馬場*3をずっとフォールドしているし。

下げ相場でこれだけ銘柄を変える投資信託ってのも凄い。今の所、TOPIX 負けをしているのは気にしているようなのでもうしばらく様子を見ていたい気も。

銘柄数は「103」銘柄。運用報告書(05.10.31現在)によると売買高比率は「5.40」。凄い回転率だ。

順位銘柄業種比率
1みずほフィナンシャルグループ銀行業6.00%
2アイフルその他金融業5.98%
3東京都競馬サービス業5.56%
4三井住友フィナンシャルグループ銀行業3.17%
5日本ビクター電気機器3.11%
6トヨタ自動車輸送用機器2.67%
7武富士その他金融業2.22%
8丸井小売業2.14%
9KDDI情報・通信業2.10%
10サンケイビル不動産業1.91%
11三菱UFJフィナンシャル・グループ銀行業1.75%
12野村ホールディングス証券・商品先物取引業1.66%
13アドバンテスト電気機器1.64%
14東京スター銀行銀行業1.44%
15セコムサービス業1.34%

組み入れ業種比率 (06.06.02現在)

「その他金融業」の比率がここまで多い投資信託も珍しい。アイフルも事件後に買い増したらしいから割安株に対する拘りは凄いとしか。

順位業種比率
1電気機器15.49%
2銀行業13.86%
3その他金融業9.81%
4サービス業7.77%
5輸送用機器6.61%

アクティブ バリュー オープン 『愛称:アクシア』 (T&Dアセットマネジメント)

割安株で話題になっていたので取り上げてみました。

特徴としては以下のとおり。

  • TOPIX を上回る安定した実績
    成績は良好で TOPIX に連動しつつそれより上の運用が安定して出来ています。銘柄選択も TOPIX の中でも良好な運用が出来ている株を TOPIX と同じ程度に保持しており、TOPIX を大幅に外れた運用というのは今後も考えにくいのではないでしょうか。
  • 確定拠出年金「DCアクシア」
    S&P による格付けも良好で、確定拠出年金としても運用されています(DCアクシア)。償還リスクは少な目と考えて問題ないでしょう。
  • 銘柄数は少な目で特徴的
    他と比べて若干少ないのが若干気掛かりです。この銘柄数で安定した運用が出来ているんだからファンドマネージャーの腕が良い証拠でしょう。個々の銘柄を見ると上位は TOPIX と大差無いのですが、明らかに TOPIX と比率が異なるように見えました。
    分野を「TOPIX+α」にするか悩んだのですが、銘柄の選択が興味深かったので「割安株」に分類しています。
  • Fund of the Year 2006 にて国内株式型 最優秀ファンド賞を受賞
    モーニングスターが毎年行っている投資信託の表彰に選ばれています。なんで今まで選ばれていなかったのか不思議なくらい。

信託報酬が控えめ(1.0815%)であるのも評価できます。強いて言うならノーロードで販売している販売会社が見当たらないこと位。

投資信託アクティブ バリュー オープン 『愛称:アクシア』
運用割安株に対して投資を行う日本株のアクティブ型投資信託
ベンチマークTOPIX
信託期間無期限
決算日2/27 (配当金有り)
手数料上限 2.625% (イー・トレード証券なら 1.05%)
信託報酬1.0815%(0.6090/0.3675/0.1050)
信託財産留保額なし
評価モーニングスター:10311962DIR:10311962TOPIXとの比較:10311962
見所信託報酬が少なめで TOPIX を上回る成績を出せている。

組み込み比率 (06.04.28現在)

銘柄数は「80」銘柄。他と比べると少ない。売買高比率は「0.66」。意外と回転率は少ない模様。安定した銘柄を選択している証でしょう。

順位銘柄業種Y!株比率
1三菱UFJファイナンシャルグループ銀行業Y!株:83065.09%
2丸紅卸売業Y!株:80024.87%
3トヨタ自動車輸送用機器Y!株:72034.68%
4みずほファイナンシャルグループ銀行業Y!株:84114.52%
5三井住友ファイナンシャルグループ銀行業Y!株:83164.13%
6三菱商事卸売業Y!株:8058.3.57%
7伊藤忠卸売業Y!株:80013.32%
8三井物産卸売業Y!株:80313.21%
9マツダ輸送用機器Y!株:72612.63%
10住友商事卸売業Y!株:80532.37%
11キヤノン電気機器Y!株:77512.14%
12神戸製鋼所鉄鋼Y!株:54061.93%
13東京電力電気・ガス業Y!株:95011.85%
14新日本製鐵鉄鋼Y!株:54011.84%
15本田技研輸送用機器Y!株:72671.81%
16オリックスその他金融業Y!株:85911.66%
17レオパレス21不動産業Y!株:88481.45%
18武田薬品医薬品Y!株:45021.42%
19商船三井海運業Y!株:91041.41%
20東京建物不動産業Y!株:88041.34%

組み入れ業種比率 (06.04.28現在)

順位業種比率
1卸売業17.3%
2銀行業15.5%
3輸送用機器10.5%
4電気機器9.4%
5鉄鋼6.4%

*1 05.08.23 の運用報告書より
*2 目論見書 '06.04.30より
*3 高いPBRに着目しているらしい

Last-modified: 2010.05.04 (火) 22:15:17 (2694d)